夏になるとエアコンを使うことが多くなって来ます。
よく電気デイを節約する為にはこまめに電気を切った方が良いといった
話と逆にずっと付けてて置いた方が良いといった話があります。

 たとえばテレビの場合では電源を入れたままにしていると
待機電源がかかる事からコンセントを抜いておいた方が良いと言われています。

 最近はコンセントを抜かなくても待機電源が掛からないモデルもあるみたい
です。

 その中でもエアコンや冷蔵庫になると、こまめに付けたり消したりするより、
ずっと電源をつけておいた方が良いそうです。

 冷蔵庫やエアコンでは起動時が一番電力を多く使い、ある程度温度が安定してくると
消費電力が低くなり、場合によっては、こまめに付けたり消したりする時より消費電力が
低くなる事もあるそうです。

 実際にその話を聞いて、エアコンを付けたままにする事にしましたが、
家族から猛烈な反対に合ってしまい、そんな筈は無いと言う事で結局、
また、こまめに付けたり消したりする事になってしまいました。

 どうしても、先入観や思い込みがあると、いくらそうだ。と、行っても信じて貰えない事もあります。

 結局の所、どっちなのか実際に試せなかったので、真実は不明です。

 ニキビは、病院に行かなくても改善します